SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イタリア旅行記 健康・医療・美容・生活

イタリア旅行記 きょうの健康・医療・美容・生活
<< 10歳未満の小学生の女児、初の病院外での4次感染となる可能性/中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス | main | 動脈硬化検査 >>
新型出生前検査 2年間で1万7886人受診 人工妊娠中絶223人

 妊婦の血液を採取して胎児の病気の可能性を調べる新型出生前検査を受けた人は、検査開始から今年3月までの2年間で、1万7886人に上ったことが分かった。

 陽性と判定された297人のうち、人工妊娠中絶をしたのは223人。残りは胎児が死亡するなどし、妊娠継続を希望したのは4人だった。検査を行う大学病院などの共同研究組織が発表した。

 新型検査は、胎児の染色体の数の異常をもとに、ダウン症(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーの三つの病気を調べる。妊娠・出産を望む女性の年齢が上がっており、検査を受ける人は増加傾向にある。

| - | 00:26 | - | - | pookmark |